Quote 28 Jul 138 notes
オリジン弁当のおかずみたいなのをヨコの概念で構成された盛りつけだとすると、アメリカのフードコートで注文した弁当は積めるだけ盛られるタテの概念です。はじめてタイガーマスクやミル・マスカラスやグレート・サスケを見たときの「これが空中殺法か!」的な衝撃です。
— 

帰国ご報告 | BARNUM STUDIO (via otsune)

アメリカのポテトもケーキも、違う概念のもの。もういらん、と思ったら、ポテトも容赦無く捨ててOK。というか、フードコートでバーガーを頼み、半分ポテトを食って残りをゴミ箱にダンクする訓練というか、そのときにどうしようもなく心に湧き上がって来る抵抗をよく観察するといい。ああこれが文化の檻かと。

(via thinkeroid)

Photo 28 Jul 51 notes chptr22:

Twitter / phagetypet40: ちなみにこの「イルカがせめてきたぞっ」フィギュアがあるらしい …
via baltumblr.
Quote 28 Jul 604 notes
父から「お前もそんな年か、毎年一個ずつしか取れない年もそんなにたまってくるものだな」ってメールが来ててすごい面白いこと言う人だなと思った
Quote 28 Jul 244 notes
タイ側の関係者でさえ、タイの漁業業界では殺人行為は日常茶飯事だと証言している。「外国人乗組員が全員射殺されるのを見た」と、あるタイ人は言う。「雇用主は賃金を支払いたくないから、全員を並ばせて一人づつ撃っていった」
Quote 28 Jul 765 notes
俺氏、昼飯食おうと車で松屋に行こうとする

松屋まであと200mの道路で突然人が飛び出してくる

避けようとしてハンドル切る

よけきれずはねる

車、そのまま右側車線に突っ込みそうになり返しハンドルでコントロール失い歩道にいた人を轢く(ゴリッて音がする)

俺、パニックになりながら車から出る

最初に轢いた人A、結構おもいっきりハネたのに二番目にはねた人Bに駆け寄り「兄貴!!!!兄貴ィィィィ!!!」みたいに叫んでる

俺、警察と救急に電話しようとするがAになぜかすごい形相で止められる。っていうか痛くないのかこいつ

そのうち救急車とパトカー来て俺連行

警察署で2時間ぐらい待機し、刑事らしき人に「あなたが轢いたのは当たり屋の常習犯で、次に轢いたのはそれやらせてた兄貴分みたいな奴です」と言われる。

「大変でしたねぇ」と言われ釈放(無罪?)←今ここ
Quote 28 Jul 8 notes
60分あれば1時間寝れるし120分あれば2時間寝れる
Quote 28 Jul 12 notes
だいたい自らの希少価値を売り込んでくるやつは詐欺に決まってます
Photo 28 Jul 42 notes miscforseek:

Twitter / 0_u0: 今度から路上でぶっ倒れるとこういうふうにクソコラの餌食になる …
Quote 28 Jul 6 notes
自意識が高すぎて屋根まで飛んで壊れて消えた
Quote 28 Jul 2 notes
無限に複製できる絵画や画像を見ることや、工場労働のような娯楽施設や、見ることや握手しかできない異性を応援することくらいしか、娯楽として不可能になりつつある。そういう産業が花盛りになっていて、それがクールだというのは、そうかもしれない。けど、なにかSF的ディストピアのように思える。
Quote 28 Jul 3 notes
意志があれば起きられるというのは、ある程度もっともらしくも感じられるが、意志の存在を起きる前に保証してないので何の意味もないのではと疑っている
Quote 28 Jul 11 notes
「どんな仕事をしたいのか」という質問は「仕事したくない」という選択肢を意識から排除する催眠術の手口です
Quote 23 Jul 2 notes
「どうして彼女いないんですかー?w」
「死んでからモテるタイプだからかなー」
「なるほどねーw」
Quote 14 Jul 697 notes
今日は「クジラって泳いでるだけなのに、人間よりデカくてシワも多い脳を何に使ってるんすかね?潮吹きたいなーと思うと脳内でパズルが出題されて、それに正解しないと潮吹けないとかそういうメカニズムでも抱えてるんですかね」という話を現場で同僚にしてガン無視されたりしていた
Quote 14 Jul 174 notes
 戦後長きにわたって徴兵制を維持してきたドイツにおいても、2011年、これを廃止することとなりました。しかし数年前ドイツを訪問し、与野党の議員と議論した際、多くの議員が徴兵制を維持すべきだとした理由は誠に印象的であり、深く考えさせられたものでした。

「ドイツが徴兵制を維持するのは、再びナチスのような存在が台頭することを防ぐためである。軍は市民社会の中に存在しなくてはならず、市民社会と隔絶することがあってはならない。第一次大戦に敗れた後、軍を市民と切り離したために、ナチスのような過激な集団が台頭した。徴兵制は市民と軍とが一体となるために必要な手段なのだ」

Design crafted by Prashanth Kamalakanthan. Powered by Tumblr.